2013/03/19

アダルト愛知県でのSEO対策ならお任せください

パンダアップデートによって中身の薄いHPや情報をコピーしてきただけのホームページの重要度を落とし、そのWEBサイトからリンクを貼られたホームページも検索ランクが下がることになります。

外部リンクを獲得するための手順大きく3種類になります。ひとつは自然に貼られるリンク、もうひとつは他のサイトへの申請でできるリンク、そして最後に自分で作ったサテライトサイトなどからリンクさせる手法です。

競合他社と似たような集客方法をしても、決して稼げないのが現実です。集客というものは、複合的な手段をクロス利用した実利としてついてくるものなのです。

「地域にまつわるキーワード」を上手に使って対象の範囲を狭めて、競合がさほど多くない場で、検索順位の上位を目指し、ユーザーからの問い合わせや最終目的である成約をより一層伸ばしてください。

平成24年7月18日に、やっと日本にもパンダアップデートが入りました。このパンダアップデートというものを導入することで、検索結果の内の約4パーセントに様々な影響を与えるというのはあまり知られていないようです。



なんとこの国にもパンダアップデートが入ってきたために、ランキング、又はアクセスデータの確認などに勤しんでいるネットユーザーもたくさんいることでしょう。

頻繁に更新を行い、新しい記事をずらりと作成することで意識せずともロングテール対策となっており、ページヘのアクセスがどんどん増加します。

いわゆるページランクとは、「数多くのリンクがされているようなHPはより一層重要だ」との考え方に基づいてグーグルが生み出した、サイトがいかに重要かどうかを示すあるひとつの指標です。

地域特有のキーワード対策では、急いで行動を起こしたい、直ぐに買いたい顧客を集められることに加え、PPC広告における単価を下げられるという得難い効果があるためです。

サテライトサイトというのはSEO対策や、できるだけ幅広いパイからのアクセスを取り込むために、一番大事なサイトとは別のものとして作成されたインターネットサイトといったところでしょうか。



相互リンクというのは効率的に被リンクを増やしてアクセス増を狙う手法としては効果的ではありますが、現実にはネットショップ同士が相互にリンクを貼っているようなケースは通常では見られません。

ある決まった対策や、今となってはスパム扱いされるような対策によって手軽に上位表示ができた以前とは違い、今現在のSEO対策は多種多様な要素を結びつけることから効果を証明します。

パンダアップデートというのは、良質でないサイトが検索の結果に映し出されない対策のため、逆に良質なサイトをできるだけ上位に表示することを第一義に編み出されました。

一番のベーシックな相互リンクとは、関係のあるなしに関わらず2つのサイトが、互いに相手のサイトへのリンクを自分のサイトに貼っている状況を指しています。

パンダアップデートを使って内容の乏しいホームページや情報をコピーしただけのようなインターネットサイトの重要度合いを下げ、そのWEBサイトからリンクされたページも検索結果のランキングが下がります。



お申し込みはこちら