2013/03/19

アダルト長崎県でのSEO対策ならお任せください

平成24年4月24日火曜日は検索業界に限って言えば重大な日となった。この日、一番初めのペンギン・アップデートが始まると、SEOに特化した業界は「ほんとに大丈夫なの?」という声や大歓迎だという声が上がり、みんなが大騒ぎしていた。

外部からのリンクを獲得するやり方大きく分けると3種類になります。ひとつは自然に貼られていくリンク、ふたつ目は別のサイトへの要請で貼られるリンク、そして最後に自分のサイトからリンクさせる手法です。

検索の順位のみを大儀に考えたSEOはもはや過去のもので、WEBサイトから実利を上げるためには複合的なSEO対策が必須です。

ある決まった対策や、現在においてはスパム扱いされるような対策で手軽に上位に表示できた時代とは違い、今現在のSEO対策はさまざまな要素をミックスすることにより効果を証明します。

SEOの会社やホームページを作成する業者が地域にまつわるキーワード対策を半ば強引にやったとしても、無理矢理なページになるだけで、オリジナリティーを出すのはかなり大変です。



ロングテール対策においては、サイト内の内容を充実させたりドメインの中にブログを設定することが有効ですが、やみくもに記事を追加していくという方法は能率が良くないと考えられます。

相互リンクは確かに相手のホームページと自分のサイトとでリンクを貼ることで、両サイトにSEO対策の効果をあげること、そして両者にとってのアクセス増を目的としたものです。

よく聞くロングテール対策とは、効率的に売上げにつなげようという対策。真剣に購入意欲を持っているユーザーだけを集め、効率的に売上げにつなげるものです。

パンダアップデートのあおりを受けてアクセス数が劇的に減少し、それと比例してサイトとしての収益が急落しているインターネットサイトが非常にたくさん存在しています。

相互リンクの概要としては、リンクを貼ってもらうことでのアクセス増に寄与するという点がある。また、SEO対策という点でも相互リンクを貼ることにはメリットがあります。



インターネットだけを使った集客の手法では、ユーザーからの信用を得るまでに時間を必要とし、顧客の獲得に手間暇がかかります。なにより有意義な出会いをもち、交流を図ることも重要になってきます。

最初に、相互リンクを張る意味は何かと言えば、いろいろ論じられているものの、実のところ時間経過に比例してどんどん変わっていくためひとくくりに回答するのは難しいでしょう。

情報提供が主な役目のサテライトサイトでは、公算のもてる見込み客から訪問へとつながったとしても、ページの閲覧回数が増加するだけで商品購入などのコンバージョンという収益には決してつながりません。

ペンギンアップデートの役割は、検索の精度を上げること。この機能のおかげで、ユーザーが欲しい情報が載っているホームページが上位に表示されることが現実のものになっている。

自分の手で試みる外部リンクの獲得方法には2通りあります。リンク集や検索サイトへ登録するという方法と、もうひとつは自らが保有している他のサイトからリンクさせるというやり方があります。



お申し込みはこちら