2013/03/19

デリヘル埼玉県でのSEO対策ならお任せください

被リンクの絶対数はページランクを決める条件のため、“数”を増やすために考えなしに相互リンクする管理者は多くいます。

相互リンクは確かに他のHPとお互いがリンクを貼り合うことで、両サイトのSEO効果につなげることと、アクセスを共有するのを狙ったものを意味しています。

重要なSEO対策とは、検索エンジンの最適化といい、検索エンジンに対し、自分のサイトがどんなにその目的にとって最適か、その計画をスムーズに設計できるかという技術対策のことを指します。

ロングテール対策というのは、所定のキーワードに偏重したSEOへの対策ではなく、何種類かの核となるワードでのSEO対策。将来的には基本となるSEO対策となります。

長期的に見て外部リンクの取得方法を学んでおくのも必要だと思います。外部リンクを得るということは、SEO対策以外にもそのリンクを経由してジャンプしてくる人が増えるということにつながるからです。



相互リンクは確かに素早く被リンクを増やしてアクセス増を狙う方法としては有効です。しかし、現実ではネットショップ同士が相互リンクを行なっているような例はめったに見ることはできません。

競合する他社と同じような集客方法をしても、決して稼げないのが現実です。集客というのは、複合的な手段をクロス利用したその結果として獲得されるものだということを覚えておいてください。

最初に、相互リンクとは何ぞやと言うと、いくつか論じられていますが、実情は時間経過に比例して変化しており、ひとくくりに答えられません。

ペンギンアップデートが行うアルゴリズムの恒例の更新のおかげで、過大なSEO対策に頼っているホームページがペナルティとなり、検索結果のランキングが劇的に落とされることがあるようです。

ペンギンアップデートへの対応策は、つまりいかがわしいサイトからリンクを貼られないことを筆頭に、自サイトからのリンクを減らしたり、自社サイト内のリンクも適正に設定することが非常に大事です。



ページランクを高めるやり方としては、そもそもランクが高いHPからのリンク数が多いほど効果が高いのは間違いない。とはいえ、低ランクのサイトからリンクを貼られているとしても、絶対数を集めればランクアップの確率も上がる。

もっともベーシックな相互リンクとは、とある2つのサイトの双方が、お互いに相手サイトへの発リンクを自分のページに置いている場合を指しています。

サイトを最初から作り直すのではなく少し配置をずらしたり、見せ方や表現方法を変えるだけで、あらゆる成果が200%~300%増になることは想定の範囲内です。このようなランディングページ最適化対策がとても必要なのです。

平成24年4月24日はネットの検索業界にとって節目ともいえる日となった。この日、一発目のペンギン・アップデートが実施された途端、SEO業界等は「なんだか心配…」という声や賛成の声が上がり、てんやわんやの一日となった。

サイトを全部作り直すのではなく配置を微妙に変えたり、見せ方や表現に手を加えるだけで、成果の数字が2倍以上になるのも珍しくもない事です。そうしたランディングページ最適化対策が至極必要なのです。



お申し込みはこちら