2013/03/19

デリヘル滋賀県でのSEO対策ならお任せください

数多くのWEBサイトへの集客方法があります。中でも費用対効果に優れ、かつ低いコストで実行できる集客の手段といえば、何と言ってもSEO対策が最適です。

「地域性のあるキーワード」を巧みに利用してターゲットを絞りこみ、競争相手がそれほど多くない場で、検索順位上位を狙って、ユーザーからの問い合わせや成約数を今よりもアップさせましょう。

パンダアップデートによって情報量の乏しいWEBサイトや情報をただコピーしただけのインターネットサイトの重要性を下げ、そのHPからの被リンクのあるWEBサイトも検索の順位が下がります。

相互リンクは確かに別のHPとお互いのサイト内にリンクを貼り合うことで、両方のサイトにSEO対策の有効性をあげること、そして双方がアクセスを共有するのを目的としたものという意味です。

サイトをまるごと作り直すのではなく配置を少し変えてみたり、見せ方や表現に変化をつけるだけで、あらゆる成果が2倍、いや3倍になるのも想定の範囲内です。このようなランディングページ最適化対策がかなり大切なのです。



世のすべての衛生サイトでインデックス削除されるようなことはあり得ないでしょう。しかし、万に一つでもそうなった場合、現状の検索順位は一変するはずです。

サイトのトップページに“ランディング”するネットユーザーの割合は30%弱。それ以外はトップページを素通りしてコンテンツページに直接やって来るわけで、まさにそこにランディングページ最適化対策の意味があるんですよね。

外部からのリンクを獲得する手法大別すると3種類。ひとつは自然に貼られていくリンク、ふたつ目は別のサイトにお願いすることによるリンク、そして最後に自作自演のサテライトサイトなどからリンクさせる方法です。

あのグーグルの検索エンジンのアルゴリズム変更の種類には2種類あって、各自パンダアップデート、ペンギンアップデートという一風変わった通称で呼ばれているようだ。

外部リンクを獲得するための手段ざっと分けると3つ。ひとつは自然に集まるリンク、ふたつ目は他サイトへの依頼でできるリンク、そして最後に自分で作ったサテライトサイトなどからリンクさせる手段です。



相互リンクは確かに素早く被リンクを増やしてアクセスの増加を狙う策としては効果的ではありますが、現実にはネット上のショップ同士が相互リンクを行なっているケースはほとんどありません。

頻繁に更新し、ページを新しくずらりと作っていくことで意識せずともロングテール対策となっており、ページヘのアクセス数も好調に増えていきます。

2012/4/24(火)は検索業界においては重大な日となった。この日、一番目のペンギン・アップデートが実行されると、SEOと関係がある業界は「なんだか心配…」という声や「ウェルカム!」という歓迎の声が上がり、この話一辺倒となった。

自動入力ツールを用いれば1400以上もの検索エンジンへの登録が可能です。検索エンジン登録の代行ではないため、多少なりとも労力が必要になります。

SEO対策というものは、検索エンジンの最適化のことで、検索エンジンに対して、自分の作成したサイトがどれほどその目的にとって最良か、その計画を能率的に設計できるかの技術対策なのです。



お申し込みはこちら